研修生現場で名前Tシャツを着る意味

新沼希空 段原瑠々

やぽ!

2016年3月24日、公式HPで以下のアナウンスがありました。


『※竹村未羽は、研修活動終了しましたので、本公演に出演致しません。』

“研修活動終了”

これは、研ヲタにとって一番聞きたくない言葉であろう。

既存ユニットに所属しているメンバーもいつかは必ず”卒業”する日が来る。
しかし卒業する場合、事務所が何らかの形で花道を作ってあげているパターンがほとんどです。卒業理由も発表される。

しかし”研修活動終了”にはそれらのセレモニーは一切なく、突然ファンの前から姿消してしまいます。
当然”研修活動終了”の理由や今度の活動についての発表がされることはありません。
“研修活動終了”という6文字だけですべてが完結されてしまいます。

そんなハロプロ研修生たちを応援する上での必須アイテムなのが「名前Tシャツ(別名:研修生Tシャツ)」です。

段原瑠々 Tシャツ

ご存知の通り名前Tシャツはとにかく目立つ。
これは
「絶対に○○ちゃんはデビューできるよ!俺が応援してるよ!」
という研修生ヲタの無言のメッセージでもある。

ステージから見ても自分のファンがどれくらい居るのかはメンバーも確認できるでしょう。
自分の名前Tシャツを着ているファンが多ければ、メンバーもモチベーションが上がるのではないかと思います。
逆に自分の名前Tシャツのファンが誰もいなかったらメンバーはどんな気持ちになるでしょうか…想像したくはありません。

1枚の名前Tシャツが結果的に”研修活動終了”を防ぐことになり、応援している子のデビューにつながれば最高です。

今では研修生現場以外でも名前Tシャツを着たファンを見かけることが多くなりましたが、研ヲタが着ている名前Tシャツと既存ユニットのヲタが着ている名前Tシャツとでは、その意味が全く違うと私は思います。

そんな名前Tシャツを簡単に作れるサイトとショップを先月まであるところで運営していました。
クールハローの件もありますが、これを運営していた本当の目的は研修生(こぶつば含む)の名前Tシャツを着たファンを増やすことでした。
(このの内容も以前のブログの最後に書く予定でしたが、長くなりすぎるのと主旨が変わってしまうので書きませんでした…)

今年も5月に”春の公開実力診断テスト”が行われます。
ゲストでこぶしファクトリーとつばきファクトリーも参加しますが、この日の主役はハロプロ研修生たちです。
私もいつもなら迷わずライトブルーTを着て行きますが、この日ばかりはどのTシャツを着ていこうか迷っています。
個人的にはソロで歌う研修生たちの名前Tを着て応援したいところであります。

P.S.キソラーン

昨年の実力診断テストは贔屓目なしに堀江葵月さんに投票しました。
『シャボン玉』のサビで鳥肌が立ったことを思い出します。

では、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です