優勝した日比ちゃん

日比麻里那
「今年の夏休みは海外に行きたいです!」
日比ちゃんは可愛い八重歯を輝かせながらそう言った。
「緊張は…してません」
私はそれがすぐに嘘だとわかった。
日比ちゃんの福耳が真っ赤になっていたからだ。
カラーコードでいうと#F79F81くらいの赤みだろうか。
そしてこの日はその福耳に、キラリと光る赤い何かが付いていた。
大人っぽい日比ちゃん…
「普段一番喋るのは誰?」という五郎の問いには、皆、声を揃えて「まりなちゃん」と言った。
日比ちゃん、そんなに喋る子なんだ…
猫をかぶっているせいであまりそんな姿は想像がつかないな。
今日は素の日比ちゃんを見に来たんだった。
“履歴Show”のコーナーが始まった。
トップバッターは日比ちゃん。
「ニックネームはまりなです!」
あれっ?まりな?ひびこはどこいった?
“ひびこ”と呼んでいるのは夢羽ちゃんだけなのかもしれない。
今回参加した、土居ちゃん、みいみ、里愛ちゃんにも”まりなちゃん”と呼ばれていた。
そして自分のことも”まりな”と言っていた。
日比ちゃんの一人称は”まりな”だったのか…
かわいい。
「身長は160cmです!」
昨年から1cm伸びたようだ。アイドルとしては小さすぎず、大きすぎず、ちょうど良いのではないだろうか。
ちなみに土居ちゃんは昨年から+6cmの156cm、相変わらずスタイルが良い。
みいみは昨年から+5cmの156cm、有言実行の只今成長中だった。
里愛ちゃんは昨年から+5.4cmの150cm、そんなに伸びた印象はなかったが、結構大きくなっていたようだ。
みんな1年で+5cmとすごい伸び率だ。
身長だけでなく、1年で見違えるほどパフォーマンスも成長している研修生たち。
早く新ユニットを続報が聞きたいところです(昨日新グループのページができた【詳細】)。
そうえいばイベントでは、みいみが新ユニットに選ばれたことに関して一切触れられなかった。
触れろよ!
そして里愛ちゃんへのハッピーバースデーを歌わせてくれよ!
残念だ。
「好きなダンスはチアダンスとジャズダンスです」
履歴書の右上には、日比ちゃんがチアダンスをしているJS時代のお写真があった…
とれたての魚のようにピチピチしている。
躍動する細く引き締まったウエスト…
ゴクリ…
この素晴らしいJS時代のお写真は、最後にスクリーン一面に大きく映し出された。
「苦手な食べ物は魚介類です」
魚介類が苦手だったとは知らなかった。
工藤由愛ちゃんの前で同じことを言ってみてほしい。
「長所は好きなことはとことん追求して、短所は飽き性なところです」
「好きなことを追求しすぎて、すぐ飽きます」
好きなことを追求できるというのは素晴らしいことだ。
今はデビューを目指し、歌やダンスを追求しているのだろう。
あり得ないとは思いますが、アイドルとしての活動に飽きてしまうことがないことを願っています。
私は名古屋へ行く途中、いつも新幹線の車窓から豊橋の街並みを見ると、さびしい気持ちになってしまうのです。
しかし、そんなことを言っている私も、かなり熱しやすく冷めやすいよ三└(┐卍^o^)卍ドゥルルルル
“履歴書Show”のコーナーが終わり、アンジュルム/カントリー・ガールズの船木結さんからメッセージが届いた。
テレビでも活躍している船木さんですが、実は日比ちゃんと同い年なのだ。
身体は小さいが、もう大先輩の貫禄がある。
私も3~4年前はむすぅむすぅと言っていた。
次にそれぞれの特技のコーナーが始まった。
まずは里愛ちゃんの特技”絵しりとり”。
絵を描く人と、次の人以外は絵を見ないように後ろ向くルールだ。
この日の日比ちゃんの髪型は、お団子ヘア。
綺麗で真っ白なうなじが丸見えだった。
最初に五郎が絵を描いていたが、私は日比ちゃんの、その綺麗なうなじとアキレス腱を凝視し続けていた。
後ろ姿を見ることのできる機会などほとんどないので、非常に貴重な体験であった。
全員絵を書き終わり、書いた絵の説明をしている最中、日比ちゃんの口から「告白」という言葉が飛び出した。
コ・ク・ハ・ク?
私はそれを聞いて一瞬気を失いかけてしまった。
次に日比ちゃんの特技”イントロドン”が始まった。
曲のイントロを聴いて、先に手を挙げた人が曲名を答えるアレだ。
さすがはハロヲタの日比ちゃん、連続して正解をしていた。
「Buono!さんめっちゃ好きやったんですよね」
イントネーションはバリバリの関西弁である。
土居ちゃんの”皿回し”が終わり、みいみの特技”マジックバルーン”が始まった。
みいみが風船を膨らませているとき、土居ちゃんは”皿回し”をして、日比ちゃんは”一人イントロドン”をしていた。
五郎がアドリブで「ちゃーらららー♪」と歌い出し、それに気づいた日比ちゃんは「大器晩成!」と答え、会場からは「おぉー」という声と拍手が起こっていた。
あれはなかなかすごかったと思う。
しかし、私はその時一生懸命風船を膨らませているみいみを凝視していた。
最後に、スプーンにピンポン玉を乗せて、モノマネと早口言葉のタイムを競うゲームが始まった。
優勝者にはカエルまんじゅうが贈呈される。
通路降臨があったが、残念ながら私は後ろの席だったため”大阪のおばちゃん”のモノマネをしている日比ちゃんの表情は確認できなかった。
結局、このゲームは日比ちゃんの土居ちゃんが同タイム29秒のドローになり、決勝はイントロドンで決めることになった。
このイントロドンにはなぜか、みいみと里愛ちゃんも参加し、それに勝利した人が優勝というルールに変更された。
日比ちゃんがモノマネ早口言葉ゲームで好タイムを出した意味がなくなってしまったのである。
そこで日比ちゃんが一言

「あかん」

この「あかん」はとてつもなく可愛かった。
そして、Buono!のDEEP MINDを秒で答え、日比ちゃんが優勝した。
日比麻里那

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です