リコピン星へやってきた℃-ute

数日前、℃-uteさんがリコピン星へやってくるという情報を知りました。
無料でライブをやるらしい。
「んなわけないだろ!なんで天下の℃-uteさんが℃田舎の無銭フェスなんかに参加すんだよ。TIFなんか6,500円もすんだぞ!どうせ今話題のユニドルとやらがダンバコでも歌うんだろ」
と、私は全く信じていませんでした。

気温は30℃。雲はあるが雨が降りそうな気配はない。
本当に℃-uteさんは来るのか?
半信半疑で会場へ向かった。

到着

『TBC夏まつり』というイベントらしい。
パンフレット見ると、たしかに℃-uteさんの名前があった。

しかし家族連れやお年寄り、若い女性などがほとんど。
℃ヲタらしき人の姿は見当たらなかった。

「やっぱり嘘だったか…」
そう思いながら屋台を眺めていると
『ミニトマトすくい』をやっていました。

ここリコピン星では『ミニトマトすくい』は昔からお祭りの定番。
地球(日本)でいうところの金魚すくいや射的のようなものです。

リコピン星人にとってトマトは主食。
リコピン星にトマトが嫌いな人間はいません。

※参考画像
リコピン星の姫 児玉咲子ちゃん
児玉咲子

まだ℃-uteが出る気配がなかったので、日陰でサキコ姫のことを思い出しながらミニトマトを食べていました。
もちろんタオルにも「SAKI」と書かれています。

トマトを食べ終わり会場へ戻ると

『アイドルネッサンス』
というユニットが出てきました。
名曲を発掘して新たな名曲を生み出す”名曲ルネッサンス”がコンセプトらしい。
お祭りマンボなどを歌っていました。
『つばきファクトリー』は”森高ルネッサンス”だがね。

次に『callme』
という3人組ユニットが出てきました。
作詞、作曲、振り付けまで自分たちで考えてやっているらしい。すごいなぁ~
ハロプロにもTwitter芸人兼作詞家の大先生がいるから負けてないね。
福田先生!
『気高く咲き誇れ!』が8月3日からJOYSOUNDで配信されますのでラップの部分歌って動画投稿してくださいよ!
ちゃんと”いいね”しますので!

『callme』のパフォーマンスが終わると、周りがざわつき始め、前のほうへと詰める人が増える。
その流れで少し前のほうへ行くと、見覚えのあるヲタTを着ている人がちらほら。
私はガチヲタっぽい緑Tの隣へ移動。

そんなこんなで℃-uteさんが本当に登場!
周りから今日一番の歓声があがった。

01. 人生はSTEP
心配だった岡井ちゃんは普通に歌っていました。

MC
岡井ちゃんから
「(手術後をしたので)喉の調子が完全ではないので、パフォーマンスに制限があります ~」
と説明があり
舞美ちゃんが
「これからは4人でのパフォーマンスです」
と言って、岡井ちゃんは裏にはけた。

02. 桃色スパークリング
最近「FNSうたの夏まつり」で中途半端な桃スパコールを見たばかりだったので、ここぞとばかりに叫んだ。
たくさんコールできる曲は楽しいわ!
つばきにもこういった良曲をくださいよ!

03. 都会っ子 純情
「Are you ready!」の後”タイガーなんちゃら”と叫んでいる不届き者が数名いた。ヲイヲイ…名曲になんつうことを…
盛り上げようと悪気はないのでしょうが、ハロプロしか知らない私にとってはあまり聞き慣れない。
岡井ちゃんパートは鈴木愛理さんが歌っていた(たしか)。

04. The Middle Management~女性中間管理職~
イントロが流れると、いきなり岡井ちゃんが復活!
あれはかっこよかったなぁ~

05. 嵐を起こすんだ Exciting Fight!
「苦しみの~」のところでマイマイの声が裏返った。
かわいい。

06.Danceでバコーン!

終了

はるばるリコピン星まで来て、素晴らしいパフォーマンスを観せてくれた℃-uteさん、本当にありがとう!

とにかく岡井ちゃんが普通に歌っていたので安心しました。

思えば、私が研修生に興味を持ったのは、岡井ちゃんが彼女になりたいっ!!!を歌っていたことがきっかけでした。
彼女がいなければ、自分はリコピン星人でなかったことも考えられます。
本当に感謝の気持ちしかありません。

自身のバースデーイベントにも後輩たちを参加させてあげたり
こんなに後輩想いな先輩、他にいないのでは?


出典 ameblo.jp

なんか岡井ちゃんのこと好きになってきたな。
早く完全復活してほしいです。

P.S.キソラーン

今日の衣装はこれでした。

岡井千聖

岡井千聖 萩原舞
出典 ameblo.jp

夏だしこーゆーのを期待してたでやんすよ…

℃-ute

では、