つばきペンライト自作しました | キンブレ自作シートの作り方

こんばんにゃ。

先日、℃-ute春ツアーのペンライトが発売されました。


http://www.e-lineup.com/shopdetail/000000009874/

以前から他のユニットも公式ペンライトは発売されています。

福田花音

残念ながら、つばきファクトリーペンライトはまだ発売されておりません。

まぁ公式ペンライトといっても、KING BLADE(キングブレード)を製造しているルイファン・ジャパンのOEM。

http://ruifan.co.jp/pro_kb_x2.html

私は普段、キングブレードX10Ⅱ(スーパーチューブ)を愛用しています。

ところが先日のライブでEXCITINGし過ぎて一本壊れてしまったので、新しいものを購入しました。

KING BLADE X10 Ⅱ(シャイニング)です。

シャイニングだと、℃-uteペンライトのような自作ペンライトが簡単に作れます。
※以前のブログで同様の記事を書きました。再放送だがね。

と、いうことで今回も作ってみました。

用意したもの
OHPフィルム
コピー用紙
カッター
定規
インクジェットプリンタ
キングブレード(シャイニング)
※「スモーク」と「スーパーチューブ」は筒が半透明なのでこれには適していません。

最初に筒を外して中から純正のキラキラシートを取り出します。

純正シートのサイズは縦14.4cm×横8.7cmでした。

まずは、普通のコピー用紙を使って文字を印刷しました。

純正シートと同じサイズに切って筒に入れてみました。

コピー用紙でも普通に使えます。

サイズが確認できたのでOHPフィルムに同じ文字を印刷します。
インクジェットプリンタ対応のもので10枚1,110円でした。

OHPフィルムに印刷する際はプリンタの設定を変更します。
これを参考にしました。プリンタのメーカーによって若干設定が異なります。
https://www.a-one.co.jp/product/search/pset.php?o=97&u=97

OHPフィルムに印刷しました。

同じようにカッターで切り、OHPシートを入れた後に純正のキラキラシートを入れて完成です。

とても簡単です。

今回私が使用したサンプルデータです。
[山岸・小片・新沼][谷本・岸本・浅倉]

他にも凝って作っている人のブログや動画があるので、そちらも参考にすると良いかもしれません。

ペンライトシートの簡単自作方法
http://www.nnm2.info/2013/01/blog-post.html

では、

le=”text-decoration:none;”>

ブログナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です