「11人いる」とつばき・研修生の新しい舞台

浅倉樹々

みなさん!こんにちは☆
魔女じゃないよ、マゾだよ!
日焼けの跡が気持ち悪いヲタクです💫

毎回たくさんのいいね!とコメント
ありがとうございます(^ー^)ノ♡

先月末『続・11人いる~東の地平・西の永遠』が終演しました。
感動するストーリーだったので泣いている人も多く、皆の演技も良かった。

が、私のこの舞台で一番見たかったのは
浅倉樹々ちゃんのおでこ!

浅倉樹々
チャーリーの絵がいつも可愛い(*^^*)

浅倉樹々

意外と広く可愛い樹々ちゃんのおでこ

これを見るのが楽しみで会場に行きましたが

残念なことに、この日はデコ出しではなかった…

浅倉樹々
出典 ameblo.jp

1公演しか行ってないので、他にデコ出しの日があったのかどうかは知りませんが

私は心底落ち込んだ…

さらに「バセスカを殺せ!殺せ!」というとってもコワイ歌が、落ち込んだ私の心に追い打ちをかけ
りこりこはそれを怖ろしい形相(かわいい)で歌い、踊っていた。

前のブログでもしつこく書きましたがこの舞台、残念だったのはつばき6人で出ていないところでした。

しかし先日、つばきファクトリーとハロプロ研修生の新しい舞台が発表されました~

​演劇女子部「ネガポジポジ」(仮)

ニッポン中が「バブル景気」に沸き立っていた1988年頃より、この物語は綴られていく。
東京の片隅で小さな商店を営みながら生息しているありふれた家族「万田(まんでん)家」。
この家族はひとりの母と多感な四人の姉妹で構成されている。
彼女たちのありふれた日常を、面白おかしく綴っていきたいわけだが、時代はとても激動的である。
「昭和」は終わり、バブルも崩壊、世紀末も近づいていく。
容赦のない世相の変化は、人の生活を変え、人の気持ちを変え、人の生き方をも変えていく。
ありふれた彼女たちの日常だって、常に揺さぶられ続けて、絶え間なく微動しているのである。
ハロプロ研修生主演!バブル景気時代から世紀末にかけての四姉妹のお話。

http://www.helloproject.com/helloprokenshusei/event/detail/5903ad3ab01ba482448fcee965695fad559435ec/

これを見てもストーリーは想像できませんが、嬉しい!

そしてこの舞台には”つばきの母”こと須藤茉麻さんも出演します!

須藤さんがいることによって生まれるのが多くの副産物

メンバーへの好影響もそうですが

私が楽しみにしているのは

須藤さんにしか撮れない、素の表情を写した素晴らしい写真の数々

つばきファクトリー
出典 ameblo.jp

つばきファクトリー
出典 ameblo.jp

つばきファクトリー
出典 ameblo.jp

つばきファクトリー
出典 ameblo.jp

つばきファクトリー
出典 ameblo.jp

浅倉樹々 岸本ゆめの
出典 ameblo.jp

浅倉樹々 岸本ゆめの
出典 ameblo.jp

当時、こんな仲良さそうにしているつばきの写真は、なかなか見たことがなかった。
須藤さんのブログには他にも素晴らしい写真が沢山あります。

須藤茉麻オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/sudou-maasa-blog/

この舞台でも、このようなありがたい副産物が生まれることを願っています。

さらに、今回はハロプロ研修生も出演します!
情報の少ない研修生ヲタにとって、ブログ写真は相当嬉しいもの。

今では、新沼希空ちゃんはつばきファクトリーのメンバーとなり、ほぼ毎日ブログを更新してくれています。
つばきに選ばれる前は、希空ちゃんの研修生ブログの更新回数が他の子よりも少なかったり、5人ぐらいで写っている写真にいなかったりすると
「なにかあったのかな?」「もしかして辞め…」
などと疑心暗鬼になり、眠れぬ夜を過ごしたこともありました。

当たり前のように更新されているブログですが、これは本当にありがたいこと。
更新してくれている自分の推しに感謝しなければなりません。

カントリー・ガールズの稲場愛香ちゃんは今、喘息のため活動を休んでいます。
早く良くなって復帰してほしいです。
毎日ブログを更新してくれることのありがたみを一番身に染みて感じているのは稲場ヲタだろう。

それだけに
「犬の加工するアプリで撮らないでほしい」
とか言ってるヲタクを見ると
こいつ正気か?と思う。

メンバーが楽しんでファンを喜ばせようとしてくれていることに対して文句を言うのか?

稲場ヲタの前で同じこと言ってみろや!
犬の加工だろうが、猫の加工だろうが、ブログに写真を載せてくれるありがたみを全く分かっていない。

研修生ヲタも推しの写真のありがたみを知り、そして写真に飢えている。
たった1枚の写真で、多くの人間が救われるのだ。

まだ研修生の出演メンバーは発表されていませんが
​演劇女子部「ネガポジポジ」(仮)は
そうした副産物にも恵まれ、沢山の人が幸せになる、素晴らしい舞台になることは間違いないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です